読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牛のげっぷ

HI!私はデイジー。 ディジィーって呼んでね。 このブログでは私がKDP界隈(KDPとはKindleストアに出版できるサービスよ)で気になったものをあつめて記事にするわ。 更新は毎日6分の1の確率でできることを目指すから、あなたも応援してね。Kindle持ちの人はお気に入りの作家が見つかるかも

デイジーNo.106『マイクロミニ出版』『現代人は薄っぺらい?』『電書流行ってる!みんな読んでるもん!』.etc

f:id:ushiburp:20151001133725j:plainBCCKSというサービスを知っているかしら。実はここのエキスパートプランで印税を共有できるサービスがあるのよね。(2016年9月現在で月額540円)

BCCKS / ブックス - エキスパートプラン

f:id:ushiburp:20151001133657j:plainなんでこんな話をしたのかって言うとね。表紙のイラストがどうとか、編集がどうとか、よく聞くじゃない。そういう時に報酬を払うんじゃなくて印税を分け合う選択肢もあるってことを知って欲しかったの。

f:id:ushiburp:20160612134825j:plain最大20人までシェアできるし、印税率も変えられる。イラスト代、編集代、あるいは宣伝を担ってくれる人を募るのもいいわ。そういう人達に協力してもらうにあたって印税を分け合うというのもひとつのオプションとしてある。まぁ、どれだけペイできるかはあなたの小説の出来次第というところもあるし、他の人が駄目ということもあるけどね。それに話題のKUは適用されないし(Kindleストアに出品することは可能)

f:id:ushiburp:20151003172851j:plainここまでやると小さな出版社だって気がするわ。電書が主流になれば将来こういう形態の本ばかりになるのかも。さっ今日も行くわよ。

f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133657j:plain忌川タツヤさん(忌川ってどう読むのかしら。前から気になっていたわ)が”女生徒リライト”をリリースしているわ。

 f:id:ushiburp:20151001133725j:plain元々はダイレクトマガジンという雑誌に掲載されていたものをさらにリライトしたのね。少し読んでみたけどラッスンゴレライとか藤岡弘が出てくるから、太宰治の女性徒を現代訳にしたってわけじゃなさそう。換骨奪胎したってことかな?

女生徒リライト 2015

女生徒リライト 2015

 

 f:id:ushiburp:20151001133614j:plainTwitterに反応があったから貼っておくわよ

f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

www.kappaholmes.com

f:id:ushiburp:20151001133346j:plain芥川や太宰が昔話を下敷きにして小説を書いたみたいに昔の小説を下敷きにして書くのが流行っているのかしら。葦原葭彦さんが”河童之国探偵物語シリーズ”の最新刊を書き上げたみたい。芥川の河童とコナン・ドイルシャーロック・ホームズのパロディなんだって。

 f:id:ushiburp:20151001133217j:plainちなみに最新刊は”4つの署名”が元ネタらしいわ。あなたはどんな話か知ってる? 私は知らないけど。シリーズ既刊はこの2冊よ。

河童之国探偵物語--クヮヌノットの醜聞--
 
黄皿連盟 河童之国探偵物語

黄皿連盟 河童之国探偵物語

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001134802j:plain亦不知其所終 » ほぼ完成した。

f:id:ushiburp:20151001133250j:plain流れってものがあるのかしら。田中久三さんが”潜入捜査官マリナ”を完成させたみたい。Kindleストアにも出ていたわ。

f:id:ushiburp:20151001133753j:plain潜入捜査官だからホームズみたいな感じなのかもしれないけれど、田中さんのブログによれば、色々混じっているみたいね。まぁどの本もごた混ぜな部分はあると思うわよ。結局はジャンルじゃなくて作者と読者の信頼関係じゃないかしら。

自分ながら、 どのくらい需要があるかまったく読めない作品になった。 普通、読者というものは、探偵・刑事物、江戸下町情緒もの、アキバ系電脳もの、 それぞれのジャンルに分かれている。 これらのてんでばらばらなものを一つにまとめてしまった。 どっちにしろだらだら加筆修正するのだが、もすこし待ってもらい、 twitter で告知するくらいのタイミングで読み始めてもらいたいと思う。 

f:id:ushiburp:20151003173019j:plainとは書いてあるものの・・・・・

 f:id:ushiburp:20151003172929j:plainなんてツイートしていたから紹介しておくわね! 

潜入捜査官マリナ

潜入捜査官マリナ

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

niigatabungaku.seesaa.net

f:id:ushiburp:20160612134824j:plainヤマダマコトさんが野村龍成さんの”プフトゥカワの花”をレビューしていたわ。たしかこの本って前に英訳して出版した本じゃなかった?

 f:id:ushiburp:20151001133708j:plainヤマダさんいわく純文の中編小説みたい。

f:id:ushiburp:20151001133720j:plainあと名前がA子、B子だったり、B子が作ったみたいだとか。近代文学は個の発見・追求がテーマであったけれど、最近の純文では確とした個を書かないのが流行りらしいわ。その時々で表出する自己は変わる。平野啓一郎の分人主義とかがそうね。ってことを最近本で読んだからここに書いておくわ。

f:id:ushiburp:20151001133738j:plain確かにそう言われれば現代の若い作家は人物描写がカラッとしているわね。今の時代、中上健次の”枯木灘”みたいな本を書いてくる作家なんて想像できないわ。どの辺が分岐点かしら。90年代後半と私はにらんでいるんだけど

プフトゥカワの花

プフトゥカワの花

 

 

Amazon.co.jp: ヤマダ マコト:作品一覧、著者略歴

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001134802j:plain近況とかお知らせとか - ペンと拳で闘う男の世迷言

f:id:ushiburp:20160612134823j:plain一昨日に哲学書がどうたらと月狂四郎さんのブログを紹介していたけれど、さらに最近はアガサ・クリスティにハマっているそうよ。どうやら私の観測範囲ではミステリーが流行っているみたい。

f:id:ushiburp:20151001133217j:plain彼は最後に格闘描写では誰にも負けないと豪語していたわ。そんな彼の格闘描写満載っぽい”KY”が今無料キャンペーン中。彼の大言壮語が本物かどうか見てみるのも一興よ。 

KY 月狂四郎バトルシリーズ

KY 月狂四郎バトルシリーズ

 

f:id:ushiburp:20151001133753j:plain副題に月狂四郎バトルシリーズと銘打っているからAmazonで検索してみたら、けっこうあったわ。ちゃんと系譜があったのね。それじゃあ最近書いていたのはわなびシリーズかしら。

f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

marukudo.hatenablog.com

f:id:ushiburp:20151001133720j:plain私のフォローしている人はほぼ何らかの形で電子書籍に関わっていて、世界中の人が電書を読んでいるように感じるけれど、世間的にはどうなのかしら。無料コミックとかは読まれているんでしょうけど、有料サービスだとまだまだ小さいんじゃないかしら。分かんないけど。

f:id:ushiburp:20151001133657j:plainしかし、まるく堂さんによると実はもう当たり前になりすぎて流行るとか流行っていないを超越しているんじゃないか説を唱えているわ。スマホでも読めるから実はみんな電書を読んでいる可能性だってある。他の人のスマホなんて覗かないものね。そこのところは分からないわ。

f:id:ushiburp:20151001133614j:plainでも今年の夏は海岸で肌を焼きながらKindleを読んでいるドイツ人がいたという情報があるから、世界的にはかなり浸透しているっぽいわよ。

 

f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

pandoranovels.com

f:id:ushiburp:20151001133250j:plain高橋熱さんが”バレンタイン騒動”という短編をブログで更新していたわ。前の話とはまた別よ。あっちは渡す話で、こっちは作る話。

f:id:ushiburp:20151001133234j:plainしかし、こういうのを読むともうバレンタインなんてやめにしないって思うわ。絶対チョコ会社に騙されているわよ。でももうカルチャーとして根付いた感があるし、正月のモチ並に廃れないと思うわ。

愛玉: 超短編小説集?

愛玉: 超短編小説集?

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

 f:id:ushiburp:20151003172851j:plainさて、もうこんな時間ね。それじゃあ牛のげっぷが週末に観たい映画をプッシュするコーナに移るわよ。

f:id:ushiburp:20151001133212j:plain私が今週オススメする映画はコレ!

8 マイル (吹替版)

8 マイル (吹替版)

 

f:id:ushiburp:20151001133614j:plain作中で天才と言われているジミーだけど、実は最初のラップに負けて次の日、工場へ向かう途中のバスでポケットから出したのは、たくさんのフレーズがびっしりと書き込まれた紙の束。彼は窓の外を見ながらリリックを書き溜めているのよね。実はアレ、ジミー役のエミネムが持ち歩いている私物なんだって。リアルでも映画でもジミー=エミネムのラップが上手いのは地道にリリックを積み上げているからなんでしょうね。

f:id:ushiburp:20151001133246j:plainそういう描写があるジミーと、313の仲間たちとの対比が良いわ。それで最後にジミーがパパドックに勝った後、彼らから離れていくシーンがまたね。今まで仲間を頼っていた彼が自立できたって感じでとてもいいのよ。

f:id:ushiburp:20151001133255j:plainというわけで今日かける曲はエミネムの”lose yourself”。意訳すると我を忘れるという意味ね。歌詞全体は”8Mile”を現した内容で、今の逼塞した状況をぬけ出すために音楽に我を忘れろ、それがお前に与えられた唯一のチャンスなんだっていうイメージね。

www.youtube.com

f:id:ushiburp:20151001133614j:plainiTunesへのリンクよ 

Lose Yourself

Lose Yourself

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133614j:plain今日の牛のげっぷはこれでおしまい。このブログは毎日6分の1の確率で更新されるわ。また会いましょう。

 

(おわり)