牛のげっぷ

HI!私はデイジー。 ディジィーって呼んでね。 このブログでは私がKDP界隈(KDPとはKindleストアに出版できるサービスよ)で気になったものをあつめて記事にするわ。 更新は毎日6分の1の確率でできることを目指すから、あなたも応援してね。Kindle持ちの人はお気に入りの作家が見つかるかも

デイジーのまとめNo.58『本の値段(電書に限らず)』『テクニカルな事ならこれ』『イラストの相場って?』etc.

f:id:ushiburp:20151001133232j:plainああ~寒い。日光は暑いけれど気温はすっかり冬になったわね。夜は毛布を出したわ。それはまだ暑かったけれど。KDPeopleも今頃布団に潜ってここを見ているのかしら。

f:id:ushiburp:20151001133239j:plain毛布って布団の上にかけるのが正解みたいだけど、肌触りが良いから私は布団の下にしているわ。でも、もう一枚かけると重くなるからダメね。羽毛布団なんてどうなのかしら。あれも良いと聞くけど、やっぱり毛皮がいいの? そういえば子供の頃にあった熊の着ぐるみはとっても暖かかったわ。汗をかくぐらいにね。

f:id:ushiburp:20151001133255j:plainさっ、今日もいくわよ。

 

f:id:ushiburp:20151001133725j:plain電子書籍は自由に出せるのが良いところね。自由と責任は表裏一体ってことだけど責任って何かしら。砂鐘大河さんが電子書籍出版のお金に関する話をしていたわ。

 f:id:ushiburp:20151001133748j:plain読者を面白くできるかどうかをコントロールできるなんておこがましいと私は思うの。できるのはその作品に対して全力を尽くしたかどうかじゃない? あとは人事を尽くして天命を待つの精神よ。

f:id:ushiburp:20151001133725j:plain値段に関していうと出版社は物語自体の価値は命と同じで経済的価値はゼロと見積もっているわね。これは価値無しという意味ではなく、それに見合う価値が無いという意味。計る事が出来ないから価値は不問にするということ。

f:id:ushiburp:20151001133734j:plainその証拠に村上春樹みたいにキャリアのある作家と新人賞を取ったばかりの作家で本の値段は大して変わらないわ(同じ厚さの本ならって意味ね。出版社が払う原稿料は変わるみたいだけど)。

f:id:ushiburp:20151001133744j:plain変わるのは本の厚み。それで本の値段が決まっているみたい。厚い分だけ手間がかかるから値段が高くなる(厚い本は割安だけど)。同じ理由で翻訳物は訳者が入っている分値段が高いわね。

 f:id:ushiburp:20151001133720j:plainはい、話を戻すわ。それじゃあ個人作家は本を一冊作るのにどれだけ手間をかけているか。作者一人の問題じゃなくて、関わった人数×手間で考えたらいいんじゃない? あなたの本はどれだけの手間がかかっているかしら。

f:id:ushiburp:20151001133248j:plainその値段で売れる売れない、あるいは読者が満足するかはまた別の話よ。さっき言った村上春樹と新人作家は同じ値段で売れる数は全然違うじゃない? かといって安いから買う、もしくは満足する読者はいないと思うわ。無料キャンペーンをしたことがある作家ならきっと頷けるはずよ。安くても売れないものは売れないし、無料キャンペーンで読まれた本にも星一個は付く。

  

f:id:ushiburp:20151001133753j:plain砂鐘大河さん、お望みどおりにしてあげたわ。存分に震えてちょうだい。

 

悪兄!!

悪兄!!

 
悪兄!! 第二巻

悪兄!! 第二巻

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133137j:plain手間をかけるの意味が分からないという人はとりあえず晴海まどかさんの記事を見ておくといいわ。こういう物語以外の部分でも手をかけるところはあるのよ。それに結果は目に見えるしね。

mfineocean.hatenadiary.jp

 f:id:ushiburp:20151001133215j:plain晴海さんはこういう本も出しているわ。気になった人は要チェック。レビューにもあるように小説家向けの本よ。

テクニカルライターが教える、文章の見た目を良くする技術

テクニカルライターが教える、文章の見た目を良くする技術

 

 f:id:ushiburp:20151001133637j:plainてやんでえ! こちとら物語を書くのが本業でえ!

f:id:ushiburp:20151001133443j:plainという人はこういう本があるわよ。針とらさんの小説のプロットを本にしちゃったみたい。彼の創作術を盗んでみると良いんじゃない?

varitra.hatenablog.com

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133614j:plain先日、Hybrid Library から"私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて"を出した一ノ瀬芳葵がイラストレーターのじゅりさんにインタビューしているわ。

f:id:ushiburp:20151001133217j:plainイラストの世界は全然知らないんだけど、ちゃんと中身まで読み込んでから書くのね。イメージをいくつか伝えて、そこから書いてもらう物だと思っていたわ。それにそこそこ良い絵を素案でいくつも出してくるのね。これが普通なのかしら。ビックリしちゃった。

ichinoseyoshiki.hateblo.jp

f:id:ushiburp:20151001133657j:plain下世話な話だけど、どれぐらいお金がかかったか気になる人が多いんじゃないかと思ったけど、じゅりさんのサイトに書いてあるわね。ちゃんとリスト形式で紹介しているわ。英語でだけど。彼女はアメリカで活躍しているみたいね。でも多分日本語は通じると思うわよ。(多分ね)

 

f:id:ushiburp:20151001134802j:plainCommission! by jurithedreamer on DeviantArt

 

f:id:ushiburp:20151001133708j:plainキャラクター1人と簡単な背景で150$。"私たちの~"はバイクや背景がきちんと書き込まれているから、もうちょっとかかったのかもね。こうやってある程度料金を示してくれると頼む方も安心すると思うわ。

f:id:ushiburp:20151001133753j:plain(じゅりさんのバナーに書かれている女性。オリビアさんに雰囲気が似ているわね。牛が高く売れたら私も綺麗に書いてもらおうかしら。デジタル画は45$から頼めるみたいだから迷っちゃったわ)

私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて (Hybrid Library)

私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて (Hybrid Library)

 

f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151003172929j:plainヤマダマコトさんが”ヴィランズ”をレビューしていたわ。珍しくこうしたらいいんじゃないかとの指摘もあるわね。

f:id:ushiburp:20151001133614j:plain確か月狂さんの”寵愛の館”でも何かしら指摘があったわ。みんな初瀬さんに期待しているみたいね。

niigatabungaku.seesaa.net

f:id:ushiburp:20151001133725j:plain初瀬さんはミステリー作家というイメージが定着してきたわね。読んでいる人も多いみたい。(ぼっきゅん!ではどうだったかしら)

ヴィランズ: 悪役たちの物語

ヴィランズ: 悪役たちの物語

 

 

テーブルの上のスカイラーク (新潟文楽工房)

テーブルの上のスカイラーク (新潟文楽工房)

 

f:id:ushiburp:20151003172947j:plainぎゃふん工房さんのブログでもヴィランズ”の感想を見つけたわ。もしかしてまだまだ出てくるのかしら。最近稀に見る反応の多さじゃない?

gyahunkoubou.com

f:id:ushiburp:20151001133725j:plainぎゃふん工房さんも本を出しているわ。だから敵情視察なのね。

天使の街?ハルカ?

天使の街?ハルカ?

 

  f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133725j:plainヘリベマルヲさんがブログに連載中の小説を更新していたわ。また文章が変わっているように感じる。

heribe-maruo.com

f:id:ushiburp:20151001133753j:plain最後にこう書いてあったわ。

*著者より:過去掲載分に大幅に手を入れています。連載を追ってくれている読者には不誠実な公開の仕方になりました。すみません。来年春には単行本化の予定ですので、読むのはそれまで待っていただいたほうがいいかもしれません。

 f:id:ushiburp:20151001133155j:plainもしかして藤崎さんの影響? 結構良い感じよ。それじゃあ初瀬さんもレベルアップしているかもね。

ガラスの泡

ガラスの泡

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133430j:plain今日も来てくれてありがとう。このブログは毎日6分の1の確率で更新されるわ。次の更新日でまた会いましょう。バイバイ。

f:id:ushiburp:20150826161033j:plain

(おわり)