牛のげっぷ

HI!私はデイジー。 ディジィーって呼んでね。 このブログでは私がKDP界隈(KDPとはKindleストアに出版できるサービスよ)で気になったものをあつめて記事にするわ。 更新は毎日6分の1の確率でできることを目指すから、あなたも応援してね。Kindle持ちの人はお気に入りの作家が見つかるかも

デイジーのまとめNo.55『あなたは自分が書いた本を傑作だと思いますか?』『外野からの声』『森先生LOVEなところがLOVE』etc.

f:id:ushiburp:20151001133501j:plain電書ちゃんとろすさん、二人の共同作業で"ぽっきゅん"というサイトができたみたい。ユーザーが30人を越えていたからURLを貼っておくわ。

http://pokkyun.me/

f:id:ushiburp:20151001133725j:plainざっと見た感じだと読んだ本、持っている本、気になる本をシェアするSNSみたいなサイトかしら。まだα版で変身を残しているみたいだけど。

f:id:ushiburp:20151001133253j:plain面白いことを考えるのね。ぽっきゅんがこの先どうなるか私はここで見ているわ。さっ、今日もいくわよ。

 

 

f:id:ushiburp:20151001133614j:plain長谷川善哉さんが5日間でどれだけ無料ダウンロードされているか公表しているわ。250なら大したものよ。

mannequinboy.hatenablog.com

 f:id:ushiburp:20151001133657j:plain編集者さんが言った”何が当たるか分からない”ってのは本当かもよ。ハリーポッターも代理人をつけて色んな出版社を回ったけれどほとんどのところで駄目だって断られたらしいから。内容についてはどこにあるかは忘れたけれど、ちゃんと理由もあったわ。もしハリーポッターが知る前だったらうなずける内容だったかも。

f:id:ushiburp:20151001133405j:plainただひとつ言えるのは作者がこれは傑作だと思っていたということね。作者の思い入れはやっぱり外せないひとつの指標じゃないかしら。売れるかどうかはまた別の話みたいだけど。

f:id:ushiburp:20151001133753j:plainノルウェーの森は最初は売れなかったみたいだけど、セカチューも最初は全然だったみたいよ。作品がある一線を越えたら、後は火が付くかどうかなのかもしれないわね。

こんぺいとうの星降る夜

こんぺいとうの星降る夜

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133748j:plain八幡謙介さんが他人の意見を聞くか聞かないかで語っていたわ。これって、批判をどうするかにも言えるかも。私は耳には入れるけれど口では返さないスタイルよ。

f:id:ushiburp:20151001133212j:plainでも帽子は飛ばすかも。

k-yahata.hatenablog.com

戦争と娼婦・花火

戦争と娼婦・花火

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133725j:plain折羽ル子さんがアンソロジーを作・・・・らないみたいよ。

f:id:ushiburp:20151001133734j:plainアンソロジーについては語っていたわ。売れそうな人に乗っかれば自分の物も読まれるって。これってジャンプみたいなものよね。あれも人気作を目当てに買う人がいて、そのついでに他のマンガを読むみたいな。

 

f:id:ushiburp:20151001134802j:plainアンソロジーをつくろう(つくりません) | 折羽ル子とケモノノノベルズ

 

f:id:ushiburp:20151001133753j:plainどうしておばちゃんはライトくれたのかしら。ミステリーね。

カラテネコ対ウサギロボ

カラテネコ対ウサギロボ

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133253j:plain森先生Loveを公言してる犬子蓮木さんが森先生の著作"彼女は一人で歩くのか?"を読んで感想を書いていたわ。現在から地続き感のある近未来のSFなのね。

inuko.blog.jp

f:id:ushiburp:20151001133408j:plain私は森先生Love な犬子さんがLoveよ。

 

ヴァルネラの逆理

ヴァルネラの逆理

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133346j:plain月狂四郎さんはもうじき新刊を出すみたいね。なんだかんだで結局月刊月狂を更新しそうだわ。エッセイを書いたみたい。

f:id:ushiburp:20151001133720j:plain読書が嫌いになる原因は読書感想文のせいかもね。たしかに。それとレビューがあんまりないのはそういう感想文に模範解答的な物を求めるからじゃないかしら。もうこうなってくると自由な感想なんて書けないもの。

 

f:id:ushiburp:20151001134802j:plain試しに危ない連載をやってみる その5 - ペンと拳で闘う男の世迷言

 

f:id:ushiburp:20151001133157j:plain口の悪い人を演じている様だけど、実はいい人感が隠しきれていないと言っておくわ。(本気で嫌われたらアレだもんね) 

ジャスティス

ジャスティス

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133614j:plain王木亡一朗さんがまたTwitter小説をブログにまとめているわ。最近もりもり書いているわね。どうしちゃったのかしら。

ouki-bouichirou.hatenablog.com

f:id:ushiburp:20151001133725j:plain私には分からないことだけど、子供を持った人は基本的にはみんな親バカになるわね。

f:id:ushiburp:20151001134802j:plain私も読みました。キョーコさんは子供を嫌いかと言われればきっと違うと答えるでしょう。むしろ我を忘れるほど溺愛されておられたのではないでしょうか。そうでなければ気が狂ったように子供を取り戻すような事はしない。

f:id:ushiburp:20151001133748j:plainでも、レンカちゃんは怖がっていたわよ。それだけひどい目に遭わされたんじゃない? それでも溺愛?

f:id:ushiburp:20151001134802j:plain私が思うにキョーコさんも子供をとても愛しておられる。でも親バカにはなれなかったんでしょうな。親は木の上に立って見ると書きます。上から、そして遠くから見るということですな。しかし、再会したての頃のキョーコさんの言動を見るにこの親子は友達の様に横並びで非常に親しいものが感じられる。

f:id:ushiburp:20151001133753j:plainそれって良いことじゃない?

f:id:ushiburp:20151001134802j:plain親しいことは構わないでしょう。しかし、友達というのは対等な関係でしかありえない。そういう点から考えると、やはり親と子は友達にはなれんと思うのです。身体的な面でも、精神的な面でもそこには差が存在している。やはりどれだけ親しくなっても親は遠くから子供を上から見つめるという姿勢が必要でしょう。

f:id:ushiburp:20151001133729j:plain上から目線、なんてね。

f:id:ushiburp:20151001134802j:plainいやいや、デイジーさん。子供というのは親に見てもらいたいものですよ。特に小さい頃は。何か新しいことを覚えると、親を呼んで自分に注目させるんです。それで自分の事をを見ているなと感じたら、エイヤッとやってしまう。ここで面白いのはまだ上手にできない時は親の目の無いところでこっそりと練習したがる。そういう時に何をしているか声をかけると"なんでもない"とか"あっちへいって"とか言う。そうでなければ自分からどこかへ行ってしまう

f:id:ushiburp:20151001133657j:plain目がありすぎてもダメってことね。

f:id:ushiburp:20151001134802j:plainつまるところ子供が成長していくには遠い上の方から見つめる太陽のような目と、夜になれば太陽が沈むように人目が無くなることの両方が必要というわけですな。それで言えばキョーコさんは横並びで親しい友達のような、あえて言えば大人げない目で子供を見ておられたということでしょう。

f:id:ushiburp:20151001133501j:plain親バカも一概にはバカにできないわね。

f:id:ushiburp:20151001134802j:plainやはり親と子供はある一定の距離というか、空白が無ければならんのでしょう。そうでなければ子供の伸びる余地が無くなってしまう。太陽のように遠い上から暖かい目で見つめなければ上には伸びてくれない。友達のようなといえば聞こえは良いが、裏を返せば大人げないということでもあり、親と対等を求められた子供は苦しいでしょうな。

f:id:ushiburp:20151001133614j:plainなるほどね。そういえば弟のへルマンも小さい頃はよく・・・・

f:id:ushiburp:20151001133708j:plain(えっ?)

f:id:ushiburp:20151001134802j:plainどないしたんですか、デイジーさん?

f:id:ushiburp:20151001133217j:plainう・・・・

f:id:ushiburp:20151001134802j:plainう?

 

 

f:id:ushiburp:20151001133221j:plain牛がまた喋ったー!!!

夏の魔物: Out of Standard

夏の魔物: Out of Standard

 

 f:id:ushiburp:20151001134814j:plain

f:id:ushiburp:20151001133206j:plainまた牛が喋ってビックリしたわ。

f:id:ushiburp:20151001133204j:plainこのブログは毎日6分の1の確率で更新されるわ。今日もありがとう。また来てね。それじゃあ私はこっちの問題を片付けてくるわ。じゃあね。

f:id:ushiburp:20150826164552j:plain

(おわり)